ネズミの種類と特徴

電話番号0120-707-929

ネズミの種類と特徴

ネズミ駆除を行う上で重要なことの1つにネズミの種類を見分けること(同定・特定)が挙げられます。
ねずみは種類によって生態が大きく異なります。防鼠(ぼうそ)のためにはねずみの種類を明確にすることが大切なのです。ここでは皆様に被害を与える可能性の高いネズミの種類・特徴を取り上げます。
基本的にねずみは人間の生活に近い場所で生息する「家ネズミ」と、山などに生息する「野ネズミ」に大別することができます。
皆様の家屋に現れるのは「家ネズミ」であり、主に「ドブネズミ」「クマネズミ」「ハツカネズミ」の3種類です。

以下、家ねずみ3種の特徴を個別に挙げます。


ドブネズミ

体長:
25cm
体重:
250~500g
特徴:
家ネズミの中で最も大きい。地面に穴を掘る、水に強い。
生息場所:
ドブや下水、建築物の地下・外周の植え込みなど

クマネズミ

体長:
20cm
体重:
150~200g 体長より尾が長い
特徴:
臆病で警戒心が強く、人前に姿を現さない。垂直的に行動することが多く、高い場所にも移動する(手足の肉球に滑り止めがあるので電線や水道管などの移動も可能)。寒さに弱いため、暖かい場所を好む。 現在、都心部における家ネズミ被害相談で一番多い。 クマネズミ本体にイエダニが多く寄生するため、ダ二被害にも注意が必要。
生息場所:
化粧壁内、天井裏など

ハツカネズミ

体長:
10cm
体重:
25g
特徴:
家ネズミの中で最も小さい。人前にも姿を現す。
生息場所:
田畑のある郊外に多く生息する。

まずはアイムの無料出張相談へ 連絡先はこちら

ねずみ退治・ネズミ駆除のことなら何でもお気軽にお問い合わせください。