ネズミが原因となる感染症

電話番号0120-707-929

ネズミが原因となる感染症

ネズミが原因で人間が感染症になる経路としては、以下が考えられます。

・ねずみに噛まれる・引っ掻かれる。
・ねずみの糞尿、汚染された物質(土壌や食料)ネズミが持つ菌などに直接触れる、間接的に体内に入ってしまう
・ねずみに寄生しているノミやダニによる

ドブネズミが生息していると予想される下水・汚水などは、感染症を防ぐ意味でも注意が必要です。

ねずみが引き起こす具体的な感染症名を以下に列挙します。

・鼠咬症 ※そこうしょう
・腎症候性出血熱(HFRS)
・サルモネラ症
・E型肝炎(HEV)
・レプトスピラ症
・クリプトスポリジウム
・広東住血線虫 ※かんとんじゅうけつせんちゅう
・イエダニによる刺咬

ねずみに外部寄生しているイエダニにも注意が必要です。 イエダニはネズミの巣内に発生し、吸血源を求めて移動します。ねずみ被害に遭われたら、イエダニによる二次被害についても警戒したほうが良いでしょう。

まずはアイムの無料出張相談へ 連絡先はこちら

ねずみ退治・ネズミ駆除のことなら何でもお気軽にお問い合わせください。