高齢化とねずみ

電話番号0120-707-929

高齢化とねずみ

少子高齢化と言われる日本社会ですが、今後の人口予測をみると歯止めがかかるどころか、さらなる少子高齢化が進む事が予想されています。

あまり知られていないことですが、増えるねずみ問題と高齢化社会には関連性があるのです。というのも、一般住宅の中でも、特に高齢者世帯ほどネズミ被害が増えるのです。

その理由としては、高齢による身体的動作が鈍くなることで家の中の整理整頓がおろそかになり、ネズミにとって暮らしやすい(建物が古い・隠れ場所・巣材・餌がある)環境となるからです。

高齢者になるほど、「身体能力的な問題から自分でネズミ対策が取れない」「年金生活のため防鼠工事などの駆除依頼を躊躇ってしまう(費用の心配)」等の理由から、結果としてネズミ被害を放置してしまうケースが考えられます。

しかしネズミ被害を放置してしまうと、今度はイエダニによる刺咬による掻痒、糞尿による被害、ねずみが増えるなど、更に被害が拡大してしまいます。イエダニによるかゆみは大変強いために不眠をもたらし、高齢者の体力を落とす原因にもなりかねません。

高齢者の生活全般に悪影響を与えるネズミ被害は、これから更に加速する高齢化社会で重要な問題の1つなのです

まずはアイムの無料出張相談へ 連絡先はこちら

ねずみ退治・ネズミ駆除のことなら何でもお気軽にお問い合わせください。